トップ  >  業務内容  >  ふるさと市町村圏事業

ふるさと市町村圏事業


「第2次長野地域ふるさと市町村圏計画」の基本構想・基本計画及び実施計画に基づき、長野広域連合、関係市町村、一部事務組合及び長野県は、長野地域の特性を踏まえた個性的、戦略的な公共施設整備やソフト事業を実施しています。


また、「長野地域ふるさと市町村圏※基金」の果実を活用して実施する各種ソフト事業については、毎年度策定する「広域活動計画」に基づき、広域連合及び関係市町村が実施しており、長野地域の地域資源や魅力を発掘・活用するとともに、地域間交流等を促進するなど「活力とやすらぎに満ちた快適生活圏の創造」を目指しています。


※長野地域は、平成4年9月に国のふるさと創生事業の一つである「ふるさと市町村圏」に選定されたことに伴い、平成4年度と平成5年度にわたり、関係市町村の出資9億円及び県の助成1億円により10億円の「長野地域ふるさと市町村圏基金」を造成しました。この基金の果実を活用し、圏域全体の振興を図るためのソフト事業を実施しています。